美容用語集

細胞膜

細胞膜の主成分はタンパク質、リン脂、質炭水化物であり、細胞の種類によって比率は異なります。栄養成分の吸収や、細胞内でつくられた不要な成分の代謝など、物質の出入りをコントロールしています。

細胞間脂質

角層内で角層細胞同士の間を埋めている脂質のことで、主にセラミド、脂肪酸、コレステロールで構成されています。細胞と細胞をしっかりと接着するセメントのような役目を果たすとともに、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐバリアの役割も担っています。

ザクロ酢(紅酢)

美白美容液にも配合されているエラグ酸やビタミンCなど美白効果が高い成分が豊富に含まれています。それ以外にもむくみ解消効果、アンチエイジング、ホルモンバランスを整える効果があります。

シベリア人参

厳寒地に自生する生命力の強い落葉低木です。需要強壮作用、疲労回復作用があります。血管、リンパ管の機能を強化・修復し、血流を改善します。

ショウガ抽出物

血行促進効果により、からだの芯から温める成分です。手・足などからのすみずみまで血行促進を促し、栄養成分を肌やからだに届けます。

真皮

表皮の数倍の厚さがあり、皮膚の大部分を占めています。肌の柔軟性や弾力は真皮の状態に大きく左右されます。血管、リンパ管、皮脂腺、汗腺、神経などがあります。

新陳代謝

古いものが新しいものに入れ替わることを言います。髪の毛は抜けて生えてを繰り返していますし、肌もターンオーバーを繰り返しています。このような新しいものに生まれ変わる働きを新陳代謝と言います。

スパ水

地底から湧き出る泉水です。ミネラルや炭酸ガスなどの気体が豊富に溶け込んでいます。飲用や外用することで「肌がキレイになる」「体の不調が治る」などと言われています。