美容用語集

メラニン

皮膚が紫外線を吸収するとメラニンができます。メラニン本来の機能は、紫外線が真皮に到達するのを防いで、正常な細胞を守ってくれるのですが、紫外線が強すぎるとメラニンが過剰に発生してしまい、シミやソバカスの原因になってしまいます。

メラノサイト

シミの元になるメラニンを作り出す細胞で、表皮の中でも最も深く真皮に近い、基底層の中に存在しています。紫外線を浴びると、メラノサイトが活性化してメラニンを生成します。強い紫外線を浴び続けると活性型のメラノサイト自体の数も増殖し、その結果メラニンが過剰に発生してしまいます。